ぼくってたからもの?

昨日のオープンスクールの道徳の授業は、『ぼくってたからもの?』でした☆彡

ある日、お母さんが

『まさおは、お母さんのたからものや』

という。

まさおくんは、いつも怒ってばかりのお母さんに対して、『宝物』って言葉に、少し戸惑いを感じているが、お母さんは、何も言わずまさおくんを抱きしめて、思いを伝えるというお話。

授業では、先生が
お母さんに、『宝物』って言われたらどんな気持ちかな?いう質問に、子供達は、まさかの

嫌な気持ち
ウソばっかり
分からない・・・etc.

えっ嬉しいって出てこないんだ・・・(^。^;)

その時は、少し笑いがおこりそうな雰囲気があったけれど、でも、子供達にとって自分が『宝物』って思われている意識は少ないんだと思うと、かなりの危機感を覚えます・・(>_<) 楽しい親子の時間より、怒られる時間のほうが多いんでしょうね・・・ 私も子供との接し方見直さなきゃ(^_^;) image

関連記事

  1. ゲーム解禁!

  2. やる気スイッチ!

  3. 今、何する?

  4. 音楽のある生活

  5. 誰でも簡単サクサク天ぷら

  6. クレイパックしちゃった(^。^;)

  7. 朝の儀式

  8. お助けグッズ